Skip to content

交通事故弁護士の選び方

交通事故にあってしまえば、人生が変わってしまう程の事になる場合もあります。怪我もなく後遺症もないようであればいいですが、酷い場合には体に障害が残ったり、車が大きく損傷してしまうような事もあるでしょう。

交通事故で大事な示談

大きな事故に遭った場合などは、示談交渉を進めていかなくてはなりません。こちらが納得するような話を相手から提示してもらえればいいですが、全く納得できないような内容なのであれば、諦めてそのまま泣き寝入りをするしかないのでしょうか。

自分で交渉をしてもうまくいかないのであれば、そのまま諦めてしまうしかないのかと思ってしまいますが、自分に非がないのであれば、納得するまで交渉をした方がいいでしょう。しかし自分で交渉をするのには限度がありますので、弁護士に依頼をして交渉を進めてもらった方が、いい話になる可能性が上がってきます。

しっかり相手と話をして交渉をしてもらわなくてはなりませんので、腕のいい弁護士に依頼をするようにしなくてはなりません。

選び方として大事なのは交通事故 弁護士に依頼をしなくてはならない事でしょう。

交通事故の専門性が高い法律事務所

交通事故の担当は初めてだとか、他の分野には強くても、めったに交通事故の交渉をしたことがないのであれば、依頼をしても勝ち目がない可能性があります。勝ち目がない戦いに最初から挑んでも仕方ありませんし、時間とお金が無駄になるだけですので、勝てる戦いにしてから挑まなくてはなりません。

示談交渉に勝てる弁護士を探したいのであれば、交通事故を得意分野にしている事務所にお願いした方がいいですが、事務所によっては、得意分野をたくさん掲げている事務所もあります。得意分野が多いという事は、それだけ経験が豊富なのかと期待をして勘違いしてしまいそうですが、必ずしも強いとは限りませんので、本当に得意なのかを知ってから依頼をしなくてはなりません。

事務所の立地も重要

得意分野が多いとしている場合は、いろんな方面から依頼が来ると思ってたくさん掲げているだけの所もありますので、本当に得意かどうかがわからないからです。他にも選ぶ時に注意しておかなくてはならないのは、事務所の場所がどこにあるのかも知っておきましょう。

事務所の場所がとても遠い場所にあると、何かの連絡をする時でもすべて電話やメールでのやり取りになってしまいますので、話がどう進んでいくかが読めなくなります。実際に遠すぎる場所になってしまうと、示談交渉を進めるのが難しくなり、交渉が決裂してしまう事があります。

探すのであれば、数十キロ範囲内くらいに絞ってから探すようにした方がいいですので、いくら腕がいいと評判だったとしても数百キロ先で見つけてもあまり意味がないと考えておきましょう。

実際に面談して決める

腕がいいと聞けば、すぐにでも依頼を決定してしまいたい所ですが、一度実際に弁護士にあってから決めたほうが確実です。

もしも会って話をしてみた時に、全く親身に相談にのってくれないとか、自分の言いたい事だけを一方的に話してくるようでは、こちらの希望が通らないかもしれないからです。交渉をしてもらう為には、どう交渉を進めてほしいかの意向が伝わっていなければいけませんし、話を聞いてくれなければいけませんので、一方的に方針を決められないようにきちんと話をしましょう。

弁護士の人間性も重視して選ぶようにすれば、途中で諦められるような事もありませんし、最後まで諦める事なく戦ってくれるはずです。近隣で探してみてもどこに依頼をすればいいのかよくわからないのであれば、ポータルサイトなどを使って探してみる方法もあります。

検索をかけてみて、その中からじっくり選ぶようにし、希望に合うような人を探さなくてはなりません。