交通事故ギャラリーのBagnowka

追突事故で多いむち打ち後遺症の治療費打ち切りに対抗する

 

後遺症として症状がのこってしまったら?

交通事故に遭ってしまうと、ケガの治療が済んでも痛みやしびれといった後遺症が続くことがあります。整骨院や接骨院の中にはこうした後遺症の治療が得意なところがあります。しかし、示談交渉の中で相手の保険会社から整骨院や接骨院での治療費については支払いの打ち切りを言い渡されてしまうことがあり要注意です
交通事故の被害者は、いろいろな方面において大きな損失を受けます。その第一が身体面でのケガで、ケガをしてしまうと入院や通院で治療を受ける必要があります。治療が終わっても後遺症が残ってしまうこともあります。
被害者は、相手に対して被った損害分の賠償請求をすることができます。賠償請求できる内容はとても細かく決められていますが、ケガの治療費は損害の中でも実際にあった出費にあたる積極損害に分類され、損害賠償請求においては実費が基本です。
むち打ちは後遺症の代表で、医学的には外傷性頚部症候群や頸椎捻挫という傷病ですが、事故の瞬間に大きな衝撃を受けて骨格や関節が大きく振られたことが原因でいろいろな症状が発現します。
骨格や関節が事故の衝撃で正常な範囲以上に振られると、その部分にずれや歪みができてしまいます。このずれや歪みが筋肉やじん帯に炎症をもたらすと、長引く首の痛みや腰痛の原因になります。またずれたり歪んだ骨格は、神経根にも影響を与えることがあります。神経根が圧迫されると、しびれや坐骨神経痛の神経症状がみられます。また神経の圧迫が自律神経に及ぶと、自律神経系統で管轄しているホルモンの分泌バランスが崩れることで肩こりやめまい、不眠といったいろいろなタイプの自律神経失調症が発現することもあって厄介です。
むち打ちは、追突事故の後に多く発症し、またその程度も重症化しがちという調査結果があります。このことは、後方からの衝突では特に衝撃が大きいことを示します。また自動車どうしの追突事故だけではなく、車庫入れなどで後進中に誤って建物などに衝突した場合もやはりむち打ち後遺症が起こりやすくなります。
むち打ちなど後遺症治療を専門にしている整骨院や接骨院では、事故の衝撃でずれたり歪んだ骨格や関節にアプローチして大元の原因を取り除く治療で根本改善をしています。

示談交渉へ

被害者が相手からいくら賠償金を支払ってもらうか、またその内訳などについては示談交渉の中で決定します。示談交渉は、事故の当事者どうしが和解するために話し合う場です。しかし、実際の示談交渉は被害者vs相手方の保険会社で進められます。これは、ほぼ全ての任意自動車保険プランに運転中に交通事故を起こしてしまった時に備えた示談交渉代行サービスが付いているからです。このサービスがあるので、加害者は保険会社に味方についてもらうという仕組みです。
この保険会社の立場を考えると、加害者に代わって被害者への賠償金を保険金という形で支払う立場です。よって、保険会社としては賠償金の額は少ない方が都合がいいわけです。こうした事情があり、示談交渉の中では保険会社からは少なく計算した賠償金で示談成立を求められる可能性があります。
追突事故後の後遺症治療で整骨院や接骨院に通っていると、相手の保険会社から整骨院や接骨院での治療費については支払いの打ち切りを宣告されることがあります。理由は整骨院や接骨院の治療は補償の対象外というものですが、追突事故など交通事故が原因のむち打ち後遺症として必要な治療であれば、被害者は治療費を正当に請求することができます。
追突事故後などのむち打ち後遺症について相手の保険会社から治療費打ち切りを言われたら、交通事故を専門に取り扱う弁護士に相談して間に入ってもらうのが賢明です。交通事故専門の弁護士は、被害者が正当な賠償金を受け取れるように交渉に尽力してくれます。相手の保険会社も、弁護士がサポートすれば無理な金額で早期の示談に持ち込むことはできなくなります