Skip to content

交通事故で人身事故と物損事故が起こった時は弁護士に相談する

交通事故を起こしても、自分だけが傷ついたり、また車が傷つくだけなら良いですが人身事故と物損事故であった場合は自己処理だけでは済まなくなるので大変です。また自分も加害者になっていたり、自分とまだ他に事故を起こした人がいるような時は、どこまでを自分が補償をすれば良いのかがわからなくもなるものです。ですからそういった時は自分が納得できるようにするためにも弁護士が必要になってきます。

また、自分ではある程度の知識があったとしても、話し合いの場では感情的になってしまって冷静に話せなくなってしまうというようなことは多々あるものです。ですから法律に詳しく冷静に話せる第三者の手が必要だという意味でも弁護士を間にたてると良いでしょう。また、仕事をしている人であれば交通事故のことだけでなく自分の仕事もこなしていかなければいけないようなことがあるので大変でしょう。事故というのは気を付けていても起こってしまうようなことがありますし、事故が起こってしまってから後悔することも多いですが、まずはやれることから順番に事故処理をしていくことが必要です。

ですが、自分が加害者となった場合は、今は被害者が痛みや傷がなかったとしても今後出てくる可能性もあるので注意が必要です。後々になって補償の話が出てきても困るので、今後のことも含めてきちんと弁護士をたてて話をしていくと良いでしょう。また、交通事故を起こしてしまうと、車の修理代や補償等だけでなく、今後の自動車保険の加入金額も上がることがほとんどです。ですから今必要なお金だけでなく、この先関係していきそうな費用についても考えていくと良いでしょう。

また、弁護士にいろいろ相談することで悩みや問題点も解決できて良いですが、長くかかわっていけば行くほど弁護士に支払わなければいけない金額もたくさん出てくるので、そのあたりのことも先に聞いておくと良いです。後で支払いに困るようになっては困るので、事前に無料相談の時に聞いておきたいのが最終的な支払金額のことです。交通事故の場合は自動車保険も適用されることがほとんどですが、お詫びの品を購入したり、誠意を求められるような時は余分な出費も必要になってしまうものです。ですからきちんと確認しておきましょう。長く話し合いが続くことで自分の精神も疲れてしまうことが多いので、早急に解決するためにも法律のプロの手を借りるようにすると良いでしょう。

Published in交通事故専門弁護士