Skip to content

自転車と自動車が絡む交通事故。ケースごとの過失割合とは?

自転車が信号無視をした場合

自転車と自動車が事故を起こした場合、自転車の過失割合が小さくなります。ただし、自転車は道路交通法上の車両に該当するため、道路交通法上の規制が及ぶ点は押さえておく必要があるでしょう。

まず双方に信号機が設置されている交差点を例に考えてみます。青信号で侵入した自動車と、赤信号で侵入した自転車が衝突した場合、過失割合はどのようになるでしょうか。
信号機が設置されている交差点では、当然その信号に従わなければなりません。それは自転車も同じこと。ですから赤信号で交差点に進入した自転車には大きな過失が認められます。

ただし、自動車は青信号であっても、交差点では自転車が飛び出してくるかもしれないことを予測し、安全に運転する義務が法律で定められています。従って青信号で侵入したとしても、過失がゼロにはなりません。

この場合の基本的な過失割合は、自転車80%に対して自動車20%となります。

信号機がない交差点の場合

同程度の道幅の交差点で、信号機が設置されていない場合を考えてみましょう。直進自転車と直進自動車が出会い頭に衝突した場合、過失割合はどうなるでしょうか。

自転車は軽車両なので、自動車やバイクと同じように道路交通法を守って運転しなければなりません。道幅が同じくらいの交差点であればどちらが優先ということもないので、別の車両が出てくるかもしれないことを想定し、慎重に交差点に進入しなければなりません。その点では、自転車と自動車の責任割合は同じと言えます。

ただし自転車と自動車の交通事故では、自転車の過失割合がかなり小さくなります。自転車の方が車体が小さく、スピードも出ない上に、安定性にも欠けるからです。事故によって大きな怪我をする可能性も高いので、運転者を保護する必要も生じます。

そのため、同じような状況では自転車に20%、自動車に80%が基本的な過失割合となります。

信号がなく、道幅に差がある場合

信号がなくとも、道幅に差があれば優先順位が生まれます。一見してどちらが広い道か明らかな交差点では、広い方の道路が優先となることが道路交通法で決まっているのです。ではこのような交差点で交通事故が起こった場合、過失割合はどうなるのでしょうか。

広い道から侵入した自転車と、狭い道から侵入した自動車が出会い頭に衝突した場合を考えてみましょう。この場合、基本的な過失割合は自転車10%、自動車90%となります。自転車が優先なので、同じくらいの道幅の場合と比べ、自動車の過失割合が高くなるのです。ただし自転車の側にも注意義務があるため、過失ゼロとはなりません。

逆に自転車が狭い道から、自動車が広い道から侵入した場合はどうでしょうか。この場合広い道路から侵入した自動車の優先度が高くなるので、その分過失割合が下がります。基本的な割合は自転車30%、自動車70%です。

「ながらスマホ」自転車の過失割合

近年スマートフォンを操作しながら自転車を運転する「ながらスマホ」が大きな社会問題となっています。スマホに集中する分周囲への注意力が散漫になるため、交通事故の原因になっているのです。信号がない同程度の道幅の交差点で、ながらスマホの自転車と自動車が衝突した場合の過失割合を確認してみましょう。

信号機がなく道幅が同程度の交差点での基本的な過失割合は、自転車20%、自動車80%でした。

ながらスマホは自転車側の著しい過失と判断されることがあります。そのような判断が下った場合、自転車側に過失割合が上乗せされ、自転車30%、自動車70%となります。スマホを操作しながらの自転車運転は法律違反に当たるため、罰金が発生する可能性もあるのです。

過失割合が上乗せされるような自転車の著しい過失には、他にはふらふら運転や片手運転、飲酒運転、灯火義務違反などが該当します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「自転車と自動車が絡む交通事故。ケースごとの過失割合とは?」に絡む過失割合を解説しました。

自転車も、軽自動車であるという認識をもって、慎重に運転しないと、思わぬ高い過失割合を負うことになることを理解した上で運転するようにしましょう。

Published in交通事故専門弁護士