Skip to content

交通事故の後遺障害認定を弁護士に相談するメリット

事故の時の怪我の度合、打ちどころなどによっては後遺障害が発生する場合があります。
しかしこの等級認定を正しく行う為に歯主治医に後遺障害診断書を作成してもらい提出する必要がありますが、時にはその内容に記入漏れが有ったり、曖昧な部分が有ったりする場合があります。
後遺障害認定は主治医の診断書を見て判断する事になりますが、その診断書の内容が不十分となってしまった場合、納得できない認定結果が下されてしまう可能性があるのです。
そもそも、後遺障害認定には専門知識が必要で、簡単に判断する事が出来る物でも有りません。
実際には診断書にその診断の根拠となる検査資料などを添付して提出する事になります。

ただ実際の結果に満足できない場合、等級認定の申請結果に不満がある時は意義申立てをする事も可能となっています。
しかし一度下された結果を覆す為にはその根拠となる物を用意する必要があり、さらにその根拠の照明をしなければいけません。
従って、実際に障害の等級認定をしてもらう場合は事前に丁寧に準備をして億事になります。
しかしそれを素人が全て行う事は難しいというのが実情です。

その点、弁護士に相談すれば法律的な事は勿論の事、医学的な知識も活用して等級認定の準備をする事が出来ます。
もちろん依頼人の見方として動いて貰う事が出来るので、より満足できる後遺障害認定結果となる事もあります。
また認定手続き、保険会社との示談交渉等も全て本人に代わって行ってもらう事が出来るので、被害者はそういった手続きや交渉で煩わされる事無く治療に専念する事も可能です。
もちろん実際に保険会社の方から提示された賠償額をチェックして、本当にその金額が支払い基準を満たしているかどうかという事も考慮しつつ示談交渉を行ってもらう事が出来ます。
だから誰にも相談する事無く示談交渉を行った時に比べると後遺障害により慰謝料の金額を増額する事も出来る場合があります。

ただ、法律のプロと言う点から言うと、実は行政書士にも依頼する事は出来ます。
書類作成だけであれば、行政書士に依頼したとしても問題は有りません。
しかし交通事故の内容について法律の知識を使って相談に応じたり、被害者の代理人として交渉したりする事は出来ません。
法律で禁止されているからです。
その点、弁護士は被害者の代理人として示談交渉は勿論の事、訴訟が起きたとしても全て行う事が出来ます。
だから、自分で手続きをする時に比べるとはるかに手軽で、スピーディーに問題を解決しやすくなります。

Published in交通事故専門弁護士