Skip to content

交通事故ギャラリー

追突事故

追突事故のギャラリー

追突事故とは、信号や横断歩道、渋滞で、停車中の車に後続車が前方不注意やわき見運転のため、後方から追突する事故を指します。

追突事故被害に遭うと、「むち打ち」「ヘルニア」「首の痛み」へとつながるケースが多く、症状が重いと後遺障害14級や12級に認定されることが多いです。

交差点事故

交差点事故のギャラリー

交差点事故は、追突事故に多い事故です。優先は直進車ですが、無理に右折することで、事故になること多いです。また、信号の変わり目に無理に交差点に飛び込むことで、交差点事故がおきることがあります。だろう運転による事故、信号無視による事故、スピードの出し過ぎによる交差点事故など、形態は様々です。過失割合がもめるのも、交差点事故の特徴です。

自動車 vs 自転車事故

自転車事故のギャラリー

最近増えているのが、自転車と自動車の事故です。自転車が、歩道を走行できない事情もあり、車道を走る機会が増えました。左折時におきる、巻き込み事故。右折時に、横断歩道を走ってきた自転車とぶつかる交差点における自転車事故。追い抜き時におきる、自転車と自動車との事故など多数都内でも発生しています。

自転車事故は非常に増えているので、気を付けた方が良いでしょう。

正面衝突(センターラインオーバー)

正面衝突

対向車が、センターラインをオーバーして走行してきた場合、正面衝突事故になります。正面衝突事故は、衝撃が大きく、怪我も重傷になります。バスがとまっている追い抜き、停車中の車を追い抜くために、自転車や歩行者が車道による追い抜き、などで、センターラインオーバーが起きるケースはよくあります。

この場合、過失割合を揉めることもすくなくありません。弁護士に相談して、よく対処することが重要です。

人身事故

人身事故のギャラリー

人身事故は、交通事故によって、「人が怪我をする」事故を指します。その反対に、物だけが壊れる「物損事故」があります。

人身事故だと、運転者には、行政処分だけではなく、刑事処分、民事処分が発生します。事故の種類ですと、人身事故が非常に大きな意味を持つようになります。