Skip to content

後遺障害診断書について

後遺障害診断書とは?

後遺障害診断書というのは、交通事故の被害者となってしまった人が、事故を原因とするケガそのものは治療できたとしても、身体的、あるいは精神的な障害が残ってしまった場合について、症状が固定したことを証明するために、医師に書いてもらう書類のことをいいます。この後遺障害診断書は、自賠責保険、任意保険といった保険金の請求をする上で、きわめて重要となるものです。

そもそも、交通事故による損害賠償というのは、人身事故であれば、被害者が受けたケガ、後遺障害の程度や部位によって、その金額が大きく違ってくるものです。常識的に考えても、被害がより大きいほうが損害賠償の金額も大きく、被害が軽いほどその金額が少なくなるというのはうなずけるところです。この金額を公平公正に定めるために、後遺障害の場合には、実際の被害状況を身体の部位、程度などに応じた等級とよばれる基準にあてはめて、その等級に応じて損害賠償が受けられるしくみとなっています。

後遺障害等級認定

それでは、等級をなにをもって判断するのかですが、実は医師が記載した後遺障害診断書による書面審査というのが原則になってきます。したがって、後遺障害診断書の作成を医師に依頼する場合の注意事項としては、できるだけ自身の症状をくわしく話して、ありのままを記載してもらうということになります。

また、医師は国家試験をくぐり抜けたエキスパートであって、医学的な知識は当然持ち合わせていますが、かならずしも公文書を作成するプロというわけではありません。このため、診断書の内容に不備があったために、後遺障害の等級が低くなってしまったり、あるいは後遺障害としての認定がまったく受けられなかったりということもあり得るのです。そこで、場合によっては交通事故問題にくわしい弁護士などに相談をした上で、等級認定のための過不足ない記載事項とはどのようなことかをあらかじめ把握しておき、その内容を医師に伝えて、より適切な記載に心がけてもらうということも有効といえます。

なお、もしも診断書が原因となって後遺障害の認定が受けられず、これを不服とする場合には、第三者的な専門家の集まりである審査会に申し立てて、あらためて判断してもらうということも、自動車保険のしくみ上は可能となっていますので、けっしてあきらめる必要はないということも、注意事項のひとつとして加えておきたいところです。この場合もやはり弁護士などへの相談がきわめて有効になるケースといえます。

Published in交通事故専門弁護士