Skip to content

仕事中に交通事故が起きた場合労災保険は適用されるのか

仕事中に万が一、交通事故が起きてしまった場合は労災保険が適用されるのか考えてたことはありませんか。もちろん仕事中に起こった事故ですので、労災保険が適用されます。しかし、その場合は会社側に責任があることになります。安全管理問題を指摘されてしまうため、会社側はなかなか労災を認めようとはしません。交通事故の場合は、会社の安全問題とは違いますので、たいていの場合は労災を申請することが可能です。いざという時のために役に立ちますので、労災を申請できる場合はきちんと申請をして補償をしてもらいましょう。仕事中の事故とはいえ、必ずしも労災保険の対象にならない場合があります。車に乗っている方なら、誰もが加入している自賠責保険があります。この自賠責保険を申請した場合には、労災保険を適用することができません。どちらも申請してしまいますと保険の二重取りになってしまいます。自賠責保険とは、自動車事故によって起こった損害を補償するものです。労災保険とは、就業中に負った損害補償しています。前者は国土交通省と後者は厚生労働省が管轄となりますが、保険金を支払う場所は同じく政府です。被害者側としては補償が多い方がいいと考えてしまいますが、二重取りになってしまいますのでどちらか片方しか使うことはできません。なら、どっちの保険を使うべきか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。交通事故が起こった場合の保険としては、自賠責保険を適用することが推奨されています。しかし、強制ではありませんので使用する保険は被害者側の選択に任せられます。適用する保険はその時の状況によって異なりますので、状況に合わせて最適なものを選択するようにしましょう。万が一の備えのためにも、どのような保険が適用されるのかしっかりと覚えておくことが大切です。交通事故で自賠責保険を使った場合は、労災を申請することは不可能です。しかし、例外があり場合によっては使用をすることが可能です。怪我をしてしまった場合には、仕事を休む必要があります。その間の治療費は、自賠責保険の中にも労災の中に含まれている休業特別支給金で補償されます。交通事故が起こってしまった場合の保険は、どちらか片方しか申請することができませんが、休業特別支給金は自賠責保険を使った方でも利用をすることが可能になります。申請をした方が被害者側にとってはお得ですので、状況によっては申請をしましょう。

Published in交通事故専門弁護士