Skip to content

交通事故における追突事故の過失割合とは

交通事故における追突事故の過失割合としては、基本的に追突した側に過失があるとされていますが、必ずしも被害者の過失の割合が0になるというわけではありません。
まずは駐停車している車への追突事故です。道路に駐停車している車に、後方から走ってきた車が追突した場合、基本的な過失割合は追突した側が100パーセント、駐停車車両が0パーセントとなります。しかし例外もあります。駐停車車両の過失の割合が10から20パーセントにあがるケースとしては、坂の頂上付近、勾配が急な坂、道路の曲がり角、トンネル内など、駐車してはならない場所に駐車していた場合には、駐車していた側にも過失があるとされます。また夜間は、車は道路では前消灯、車幅灯、尾灯などの灯りをつけなければならないため、これを怠っていた場合にも過失があるとされます。また駐車する際には道路の左端に寄せて、他の交通の妨げにならないようにしなくてはなりません。道路の左端に寄せていない場合にも、過失が生じることになります。
次に同じ方向に進行する車同士が追突事故を起こした場合です。前を走行している車に後方の車が追突した場合には、基本的には追突車両に100パーセントの非があるといえます。しかし後方の車が追い越しをすることを認識していたのにも関わらず、速度を落とす、進路を譲るなどの措置をとらなかった場合には、10から40パーセントの過失が認められることになります。また追い越しが完了するまでは速度を増してはならないという規定もあるため、これに該当する場合にも過失が認められるでしょう。
そして進路変更をした際の追突事故です。進路変更の際に追突した場合には、進路変更車に70パーセント、後続車に30パーセントの過失割合となります。同一車線で追突した場合には、不要な急ブレーキがあるかないかによっても割合は異なってきます。法律では、危険を防止するためにやむを得ない場合に限り急ブレーキが認められていますが、不要な急ブレーキがあった際には、追突された側には30パーセント、追突車には70パーセントの過失割合となります。不要な急ブレーキの例としては、後続車にあおられたことによる腹いせ、飛び出しとの勘違いなどがこれにあたります。またブレーキランプの故障や、テールランプをわかりにくい色に変えている場合などにも、追突された側にも20パーセントほどの過失が認められます。
過失割合の算出は素人には難しいため、弁護士に相談するのもよいでしょう。

Published in交通事故専門弁護士