Skip to content

交通事故の時に利用する自賠責保険って何?

自動車保険は2階建て構造!

自動車を運転する時は、誰でも交通事故を起こしてしまう可能性が有ります。
そのため、その備えとして保険が有ります。
自動車に関係する保険は主に2種類あり、一つが自賠責保険、もう一つが任意保険です。

任意保険はその名の通り加入するかどうかは任意の保険となっています。
しかし自賠責保険は任意の物ではなく、加入が義務付けられている物です。
これにより交通事故をもし起こしてしまったとしても、最低限の補償を受ける事が出来るようになります。

ただ注意しなければいけないのは、自賠責保険は人身事故のみの補償となっているという事です。
だからもし物損事故だった場合は、その事故は補償の対象にはなりません。
だからどれだけ激しく車等が壊れてしまったとしても、それは補償の対象とはならないのです。

実際にこの保険の対象となるのは人身事故の場合のみで、治療費・看護料金・入院時の雑費・休業損害等を補償する事になっています。
ただどれだけでも保証してもらう事が出来る訳ではなく、交通事故による傷害の場合は120万円が限度額となります。
また死亡事故となってしまった場合の限度額は3000万円です。
請求方法としては被害者が直接請求できる被害者請求と、加害者側の任意保険会社が請求する加害者請求の2つに分けられます。

自賠責保険は最低限度

ただこの保険で出来る範囲は前述した様に最低限の内容までです。
人身事故の場合は限度額となっている120万円を超えた金額については補償の対象外となってしまうので、時にはそれをおぎなわなければいけない場合が出てきます。
その時に加入するのが任意保険です。
自賠責保険ではどうしてもカバーしきれない内容を補う事が出来るようになる為、高額な損害賠償請求にも対応する事が出来るようになります。
従って、今ではこの2つの保険の両方に加入しているドライバーも多く、事故に対して予め備えた状態で行動を走っています。

また保険会社では割引サービス等を展開している場合があり、2年分まとめて自賠責保険料を支払うという事にすると、1年分だけ払った時よりも少しお得に加入する事が出来るというサービスを設けている所もあります。
ただこうしたサービスの扱いについてはそれぞれの保険会社によっても違う為、どういった形で加入してもお得と言う訳ではありません。
また実際に交通事故を起こした場合はこの関係してくる保険の名前が良く出てくる場合も有るので、正しい補償を受ける為にも事故を起こす前からどういった保険なのかを知っておく事になります。

Published in交通事故専門弁護士